プロバイダ キャンペーン お得

プロバイダのキャンペーンのお得情報について、ご紹介します。

nifty WiMAXでWiMAXの契約をすると、

nifty WiMAXでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。キャンペーンに対応するWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスになります。



その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が出来るようになります。WiMAX端末が手元になくても利用する事が出来ますし、帯域制限も気にしなくて良いので、凄く人気の良いサービスになってます。
WiMAXサービスは無線を介するインターネットサービスですから、一度使ってみないと分からないところではあります。
そう言う方に嬉しいサービスが、Try WiMAXと言う15日間利用出来るWiMAXのお試しサービスです。クレジットカードの登録とアンケートへの回答が利用条件とはなりますが、契約前にWiMAXサービスを使用する事の出来る嬉しい制度です。
サービスの使用中にUQ WiMAXから営業の電話がありますので、そのまま契約まで済ませるのも良いでしょう。

WiMAXサービスに申し込んだ事で、私のライフスタイルは一変しました。
最も変わったのが、スマホで7G制限を気にする事がなくなりました。
Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマホの通信量は消費しなくなった訳です。だから、スマートフォンサイトにムービーが埋め込まれている場合であっても、気にせずPCのように視聴出来るになりました。



URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX端末なので、バッテリーが組み込まれていない為、使用目的は室内利用だけに限られています。そんな面はありますけど、可動式の高感度アンテナが外付けになっており、受信精度の高さが特徴の一つとなっています。加えて、同時に16台もの機器をWi-Fi通信可能ですし、2台の機器をLANケーブルを介して有線で通信する事が出来ます。更に、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードを搭載していますので、帯域制限を気にせずインターネットを利用する事が可能です。

WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元は、auの子会社になるUQコミュニケーションズなのです。
って事で、auに連携したサービスが複数あります。


その中でも特徴的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスでしょう。
WiMAXサービスの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auの料金が割引きされるサービスです。So-net モバイル WiMAX 2+の販売サイトへ訪問すると画面の右下に追尾型のウィジェットが表示され、一体これは何なのかとビックリしてしまう方もいるでしょう。これはSo-netの担当者とやり取りが出来るチャットスペースになっていて、キャンペーンサイトを読み進める過程で疑問を抱いた部分に関して、リアルタイムでオペレーターに質問を投げかける事が出来る仕組みになっています。


電話であれこれやり取りするのが負担だと言う方であっても、文字でのやり取りなら負担が少なくなるのではないでしょうか?と言う訳で、そんな言う人にとってはとてもありがたい仕組みであり、しっかりと納得した上でSo-net モバイル WiMAX 2+と契約を行なう事が出来ますから、契約後にしまったと思ってしまうような失敗は起こりにくくなります。
人気のWiMAXサービスではありますが、通信速度の制限処理に注意しながら使用しましょう。他のモバイルインターネットサービスと比較すると、WiMAXの速度制限は厳しくありません。
とは言え、速度制限自体はありますので、仕組みをきちんと把握しておくと良いでしょう。

ですが、速度制限が掛けられてしまったケースであっても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。
WiMAX機器の中には、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応している機種もあります。au 4G LTEは人口カバー率99%の通信回線で、広いエリアで繋がります。
それから、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますから、奥まった場所まで電波が届きます。

その一方で、一回でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、速度制限が掛けられます。



URoad-StickはUSBサイズの軽量かつ小型のWiMAX端末で、そんなところから持ち運び性が良くて便利です。
URoad-StickをUSBポートに挿し込む事によって、そこから給電しながら使用する事が出来ます。ややこしいセットアップも不要で使えますから、そう言う手軽さが評判のWiMAX端末となっています。


使用可能な通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出す事が可能です。

周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、それほど厳しいものではないです。ギガ放題プランで契約すると、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。
また、混雑回避の為の速度制限の場合も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。



速度制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さは維持されます。

BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサ

BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なえば、二種類あるキャッシュバック特典の中から任意のキャッシュバックキャンペーンを選択する事が出来ます。一つ目が契約13ヵ月目に貰える現金キャッシュバックで、もう一方のキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。Gポイントの方が貰える金額が少し多く、BIGLOBE IDとGポイント会員IDの対応付けを行った段階から受け取れるのに加え、貰い損なってしまう危険性も現金キャッシュバックより低いです。GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに利用可能ですし、楽天ポイントやnanacoポイントやAmazonギフト券などの約140社のポイントに変換出来ます。

Speed USB STICK U01はUSBサイズの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な部分が特徴のWiMAX端末です。
その秘密は2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて利用する事で、今までの倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。


それに加え、Speed USB STICK U01と言うWiMAX機器はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言った広い通信エリアに対応する事が出来ます。



Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に装備していませんから、USBポートから給電しつつ利用するタイプのWiMAX端末となります。



月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXってプロバイダが存在します。
圧倒的に月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けない中であると、業界で一番安いWiMAXのプロバイダだと言えます。ただし、auスマートバリューmineには非対応なので、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。
はたまた、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までのみ対応しているので、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。モバイルのインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。
具体例を挙げると、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスがあります。


ぷららモバイルLTEに速度制限が無いと言うのは確かにそうなのですが、通信速度はわずか3Mbps程度です。



ぷららモバイルLTEの通信速度なのですが、速度制限の掛かったWiMAXよりも遅くなります。ですから、速度制限が無いものの、WiMAXと比べると、速度制限がずっと続くようなものです。



URoad-StickはUSBサイズの軽量かつコンパクトなWiMAX端末で、持ち運びが楽で利便性が高いです。

URoad-StickをUSBポートに接続する事により、電気をまかないながら扱う事が出来ます。難しい設定も行わずに使用出来ますから、そう言う手軽さが人気のWiMAX端末となっています。


使用可能な通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、下り最大通信速度となると110Mbps出す事が出来ます。WiMAXサービスは無線を使用したインターネットですから、その特徴による利点が沢山あります。



例を出せば、これまでのインターネット回線のように建物単位での申し込みではありませんから、WiMAX端末さえ身に付けて持ち歩けば、1回線分の契約で色々な場所からインターネットが出来ます。その他、無線と言う事で開通工事が必要ありませんので、WiMAX端末が契約先に届いて直ぐにインターネットを行なう事が出来るだけじゃなくて、回線工事費を負担する必要もないので安くインターネットが出来ます。合わせて、無線なので配線でごちゃごちゃする事もありませんので、掃除も非常に容易ですし部屋もすっきりします。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。



何故かと言うと、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリーの消費が激しかったからです。そんな訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言うモードが新たに搭載されました。他には、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対策がしやすくなりました。URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX端末ですから、バッテリーが組み込まれていない関係上、利用用途は室内利用だけに限られています。


けれども、可動式の高感度アンテナが外部に取り付けられており、受信性能の高さが特徴の一つとなっています。



その他、同時に16台もの機器をWi-Fi通信出来る上、2台の機器を有線で接続する事が出来ます。その上、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードを搭載していますから、帯域制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。


WiMAX機器は普通の価格が20000円しますし、クレードルセットで22750円もします。


かなりの値段となりますので、WiMAX導入の際の足かせとなります。なので、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますので、そう言うプロバイダを選べば良いです。WiMAXサービスを販売するプロバイダの中に、Broad WiMAXってプロバイダがあります。



Broad WiMAXの特長には、月額の料金が安い点が挙げられます。それだけ初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの人は初期費用が0円になるキャンペーンが行われています。

契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長い期間契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。

Speed Wi-Fi NEXT WX0

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線同時の通信を行なう技術の事です。

その技術により、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなるのです。
それに、Bluetoothに対応していますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が可能となります。Broad WiMAXは株式会社リンクライフが運営するWiMAXサービスで、その中でも月額最安プランと言う料金プランが特徴的です。

月額最安プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い代わりに初期費用が必要となる点が挙げられます。とは言え、一定条件を満たす事で初期費用が無料になるWeb割と言うキャンペーンが行われていますので、結果的には初期費用は支払う必要が無くなります。
また、いつでも他のインターネットサービスに契約を移る事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最速で契約したその日中に発送されると言う点もBroad WiMAXの特徴となっています。


Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。


Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応地域が拡大しています。
加えて、au 4G LTE対応はHWD15から踏襲し、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。言う間でもないですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応していて、充電しながらの通信にも対応しています。

WiMAXサービスを導入した事により、私の生活は大きく変わりました。最も大きかったのが、スマートフォンで7G制限を気にする事がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなったのです。そんな事で、スマホサイトにムービーが埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に視聴出来るになりました。



Speed USB STICK U01はUSBタイプの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、従来の二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う機能にあります。



更には、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアに対応する事が出来ます。
Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵してませんので、USBポートから給電しつつ利用するタイプのWiMAX端末となります。

WiMAX端末の中には、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応しているものもあります。

au 4G LTEは人口カバー率99%の通信回線で、広いエリアで繋がります。そればかりか、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますから、奥まった場所まで電波が行き届きます。
その一方で、一回でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、速度制限が普通に適用されます。


WiMAXサービスの中でも、最もサポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対して情報を最も把握していますし、トラブル時の対応も最も迅速かつ的確で、サポート対応時間も最長です。けれど、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店と契約を行なうと言う方法もあるのです。
代理店ならキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。



近頃は、WiMAXのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが登場しています。例として、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証制度を導入しています。また、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入しています。
どの保証制度にしても、違約金を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。



URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX機器で、バッテリーを内蔵していない為、利用用途は室内利用だけに限られています。けれども、可動式の高感度アンテナが外付けになっており、受信性能の高さがウリの一つとなっています。

その上、同時に16台もの端末をWi-Fi接続出来る上、2台の機器をLANケーブルを介して有線で通信する事が出来ます。

また、WiMAX通信だけを使用するノーリミットモードに対応していますので、通信制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。


某電機屋さんで、光回線の勧誘をされました。WiMAXを既に使用している私ですし、当然ながら、そんなもの必要ありません。



販売員にWiMAXがあるから必要ないと伝えたところ、想像してなかった返事が返って来ました。



WiMAXと言うと、台風の日とか、受信できなくなるでしょう?しかし、毎日愛用しているWiMAXではありますけれど、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。

天候に左右される事は一度もありませんでした。

大雨の中であっても、WiMAXの通信環境に影響を与える事はありませんでした。




メニュー